夜風のMixedReality

xRと出会って変わった人生と出会った技術を書き残すためのGeekなHoloRangerの居場所

MixedReality-GraphicsTools-Unityを触る その① パッケージの導入

本日はMRTK調査枠です。

22年初頭に発表されたMRTKの新しいバージョンであるMRTK3のリリースは22年6月中といわれています。

MixedRealityFeatureToolsではMRTK3のカテゴリーが追加され8日本日現在MixedReality-GraphicsTools-Unityが入手できるようになっています。

今回はこのMixedReality-GraphicsTools-Unityとは何をするのかに関して調べていきます。

〇MixedReality-GraphicsTools-Unity

MixedReality-GraphicsTools-Unity(以下GraphicsTools)はMRTK3として登場した新パッケージで、UnityのMixedRealityアプリ内でグラフィックを向上させるためのコード、シェーダーなどを含んだパッケージです。

MRTKはオープンソースとして開発されていますが、GraphicsToolsは次のGitHubリポジトリで公開されています。

github.com

APIリファレンスはこちらで公開されています。

docs.microsoft.com

GraphicsToolsはMRTK StandardShaderなどMRTKのグラフィック側のリーダー的ポジションにいるMicrosoftのCameronさんがリーダーとして公開されています。

〇GraphicsToolsの使用

Unity2021.3.2f1で今回からのプロジェクトを作成しました。

MixedRealityFeatureToolsでMRTK3からMRTK Graphic Toolsを選択し導入します。

これによってUnityのパッケージマネージャーでMRTK Graphics Toolsが管理されるようになりました。

またUnityワールドメニューのWindowにGraphics Toolsが追加されています。

〇サンプルの導入

サンプルはPackageManagerのMRTK Graphics Toolsを選択し、Sampleから任意のサンプルを導入できます。

現時点では次のサンプルが提供されています。

〇Compare

UniyBuildinマテリアルとGraphicsToolsMaterial(おそらく旧MRTK StandardShader)のマテリアルの比較を行えます。

各球体は左から右にメタリック、上下にスムースを確認できます。

〇MaterialGallery

MaterialGalleryGraphics Tools/StandardShaderを使用して様々な表現を行うシーンです。

MRTKv2で提供されていたMaterial Galleryの強化発展版です。

redhologerbera.hatenablog.com

〇Mesh Outline

Graphics Tools/StandardShaderを使用したアウトライン表現のサンプルです。

MRTKv2版のOutlineExamplesに比べこちらもアップデートが行われており、アウトラインのスケール変化、位置変更などのサンプルがあります。

redhologerbera.hatenablog.com

〇UnityUI

Unityの従来UIを使用したサンプルです。

〇Acrylic

こちらは実験的なサンプルです。 ぼかし表現を行うことができます。

今回はざっとMixedReality-GraphicsTools-Unityを見ていきました。

次回以降もっと詳細を見ていきます。