夜風のMixedReality

xRと出会って変わった人生と出会った技術を書き残すためのGeekなHoloRangerの居場所

Blenderでトランスフォームピボットポイントを使いこなす

本日はBlender枠です。

Blenderではたくさんの機能がありますが今回はトランスフォームピボットポイントを使っていきます。

〇環境

Blender 4.0

・Windows11PC

〇トランスフォームピボットポイントとは?

トランスフォームピボットポイントはBlenderでピボットの設定を行う機能です。

通常上部、プロシージャル編集の左側付近に存在します。

デフォルトでは中点が選択されています。

今回はこちらの機能を見ています。

〇中点

中点はデフォルトで選択されているピボットポイントモードです。

中点モードでは選択している複数のオブジェクトの中点ポイントが操作の中心となります。

〇アクティブ要素

アクティブ要素モードではアクティブなオブジェクト(最後に選択したオブジェクト)をピボットとして操作することができます。

〇それぞれの原点

それぞれの原点は筆者は個人的によく使うモードです。

これは選択している角オブジェクトの原点を軸にそれぞれのオブジェクトで拡大、縮小、回転などができるモードです。

これは例えばキャラクターの眼球を動かしたいとします。

中間モードでは両目のボーンを選択して動かそうとすると中点の眉間付近が回転軸になります。 これではした画像のように目が飛び出てしまいます。

それぞれの原点モードを使用することで飛び出ることなく選択中のボーンごとの軸で回転させられます。

〇3Dカーソル

3DカーソルはBlendernの操作に用いられるカーソルギズモです。

3Dカーソルモードではその名の通り3Dカーソルをピボットに操作を行うことができます。

これはオブジェクトや基準点が存在しない場合でも使用できる点がメリットです。

3Dカーソルは3Dビューポートのサイドメニューからツールから変更可能です。

本日は以上です。