夜風のMixedReality

xRと出会って変わった人生と出会った技術を書き残すためのGeekなHoloRangerの居場所

Adobe AeroでGeoAnchorを試す

本日はSubstance枠です。

AdobeのAeroを触っていきます。

Adobe Aeroとは?

Adobe AeroはAdobeが開発、提供するARコンテンツ作成ソフトウェアです。

ノンコーディングインタラクティブなAR体験を構築、共有、表示することができます。

特徴としてコーディングが不要であるほかにCreativeCloudのアプリとの連携や作品の簡単な共有などが可能です。

現時点では無料で使用することができます。

モバイル版とデスクトップ版が存在します。

〇GeoAnchor

Geo AnchorはGoogleGeoSpatial APIと同種の技術を用いた屋外に特化したVPSです。

VPSとはVisual Positioning System、つまりARでのオブジェクトは位置における位置合わせのためのアンカーをカメラ情報をもとに行う技術を指します。

GoogleのGeoSpatialAPIの場合GPSGoogle Earthの技術を用いて正確な位置合わせを実現しています。

GeoAnchorではノンコーディングで地球上のあらゆる場所にオブジェクトを配置し、AR体験を実現します。

特徴としては屋外に特化しており、屋内で最適な結果を得ることができないことがあげられます。

〇AeroでGeoAnchorでARを構築する

GeoAnchorでAR体験を構築するためにはモバイル版ではなくデスクトップ版のAeroアプリを使用する必要があります。

①Aeroで新規プロジェクトを立ち上げます。テンプレートはGeoAnchorを使用します。

②GeoAnchorのタイプで作成すると地球儀が開きます。

マウスで拡大し、アンカーを設定したい地域へ移動します。

③任意の座標をクリックしてアンカーを設定します。

これによって地域の3Dデータが表示されます。

④地形に沿って3Dオブジェクトを配置します。

⑤配置後にShareボタンを押しQRコードもしくはURLを発行します。

⑥シーンの変更があった場合はApply Changeを選択します。

なお筆者はこのApply Changeを押していなかったせいで、いつまでもARオブジェクトが反映されずGeoAnchorの場合は実際に現場に行かなければならないので無駄足を繰り返してしまいました。

 フィールドワークのツライところですね

スマートフォンQRコードもしくはURLを開きます。

これによって周囲を軽く見渡すだけですぐに位置合わせが行われます。

最初の一回さえ手順を覚えてしまえば特に躓くことなく簡単かつスムーズにAR体験を構築できました。

最大の特徴の一つはQRコードさえあれば誰でも簡単に共有することができる点で、例えば施設紹介などで利用できそうです。

本日は以上です。